今後の予定!

舞台
■2018年9月24日〜30日

あひるなんちゃら
『あじのりの神様』
作・演出 関村俊介
@下北沢スズナリ

http://www.ahirunanchara.com


■2018年10月27日(土)

ミュージカル『ひなた号の冒険~7つの島の伝説~』
出演 ひなたなほこ 他
@亀有リリオホール(葛飾区亀有3−26−1 9階)

日時:2018年10月27日(土)
開演 13:30/18:00

特設サイト
http://captain-hinata.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

てふてふ荘もモリモリ稽古中。

Lilacさんの『てふてふ荘へようこそ』も稽古やってます。

Lilacさんのメンバーはかつて所属していた劇団クロカミショウネン18で演出助手をしてくれていた北川さんを始め、かつてお世話になったり共演したりした、少し下の世代の女子たち四人組。
経験も積んで、パワフルな油の乗った世代です。
今回はありがたいことに声をかけてもらえて、良いようにやらせてもらってます。

「てふてふ荘へようこそ」は乾ルカさんの小説が原作で、NHKでドラマにもなっているハートフルなお話で、タワーもかなりハートフルしています。
設定はちょっとファンタジーなのでそのあたりを違和感なくお伝えできれば。

稽古のあとはちょくちょく飲みに行ってます。




同じくクロカミ以来の共演になる細身くん(上の写真の左端)との共演もなにげに嬉しい♪
Lilacメンバーで飲み好きの桑田さん(上下写真右端)とがっつり絡むので、飲みニケーションも駆使しながら楽しみます。
二人の役の関係性は………?
恋人、ではないね(笑)






演劇ユニット『LILAC』vol.2
「てふてふ荘へようこそ~LILAC Version」

◆公演日程
8月24日(金)14:00/19:00
25日(土)14:00/19:00
26日(日)12:00/17:00


◆会場
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1階
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線『神楽坂」駅 徒歩9分)

◆チケット
前売り/当日 3000円(1ドリンク付き)

◆スタッフ
演出:北川翔子
演出補佐:菅彩乃
舞台監督:谷口就平
美術:小林直幹
音響:矢作理
照明:和田優也

◆キャスト
あきやまくみこ
桑田亜紀
芝井美香(スターダス・21)

梅澤愛琳
佐々木健吾
細身慎之
ワダ タワー(スターダス・21)

◆ご予約
renraku.tower.ni@gmail.com

◆お問い合わせ

◆企画・制作
LILAC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

冒険(の稽古)始まる。

気づくと、今後の予定が急に忙しくなってました。

来月末、8/24〜26で

◎演劇ユニットLILAC vol.2
「てふてふ荘へようこそ~LILAC Version」
@パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』

9月末、9/26〜30で

◎あひるなんちゃら「あじつけのりの神様」
@下北沢ザ・スズナリ

そして10/27で

◎ミュージカル「ひなた号の冒険~7つの島の伝説~」
@亀有リリオホール

舞台、やりたい病がまたうずいてきまして(^_^;)
というわけで稽古がどんどん重なってきます。
先日、「ひなた号の冒険」の稽古に亀有に。
大人だけでなく子供達もたくさん出てくるミュージカル。
タワーにミュージカルなんてやれんのか!?という声はさておいて、タワーも子供さんと一緒に芝居します。



ダブルキャストな二人の息子。
一人は人懐っこい子で一人はクールな子。
対照的?な感じの二人とどんなことができるかな?
きっとミュージカルでは先輩なのでついていきますよ!
オジサンを引っぱってね❤
他にも達者な人たちがいっぱいです。
まずはダンス頑張らなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

喫茶店の改装。

少し前、日本中が軒並み熱帯になり始めの頃に、タワーは北海道は旭川に喫茶店の改装のお手伝いに行っておりました。

居抜きで新たに喫茶店を開店する方がいて、そのお手伝い。
ギャラリーも兼ねているそのお店の、主に展示用のパネルの改修をやりました。
既設のパネルの上から新たにコンパネを貼り、その上から壁紙を貼り、更に色を塗り……
パネル自体のサイズを一部リサイズしたり、コンパネを貼るためにパネルに木材で骨を入れ直したり。
舞台装置などは短期間のものだけど、お店は長期間なので今後使っていく上で耐えられるものになっているかドキドキ(^_^;)

そうして作業していると、前喫茶店の店主さんで現お店のオーナーさんからお家の窓の雪よけ板をつけてくれないかと頼みごと。
改装作業をやってるタワーにオーナーさんが近づいてきて、

「あんた何でもやるのねぇ。窓の雪よけもつけれる?業者に頼むと高いしさー。」

と気づいたら引き受けることに。
あくまでも素人ですからね?(^_^;)と言い訳しつつ、試行錯誤して改装の余り部材でなんとかそちらも作ってみた。
こちらも実際冬の時期に使ってみて大丈夫かドキドキ(笑)



作業中のタワーと頼みごとをするタイミングを見計らっているオーナーさん♪

そして…




も1つタワーが担当したカウンタースイングドアの移設作業。
地味に楽しかった作業(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

すすきのデビュー。

札幌にて、イナダ組さんの稽古場に押しかけて、イナダさんを捕まえて、すすきので深夜までお酒を飲みながら色々お話を聞かせていただき、タワーの話を聞いてもらいました。




まだ2回しか会ってないのに嫌な顔一つせず相手してくださってありがとうございましたm(_ _)m
スゲェ楽しかったっす♪
あと、コーヒー焼酎がヤバかったっす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

コントの時間。

ワダタワーアワー振り返りその④

もう2ヶ月経ったのにまだ振り返る(笑)

「なんかコントやりたいな。」
ある時、そう思いました。

理由をこじつけるなら、かつて出てた『劇団志村』→『ゲキシム』で頻繁にコントやってた時期があったから。
(※1つ前のブログで一緒に飲んでた彼等です)
すごく楽しかったんですよね、その頃。
同い年の男ばっかりの部活みたいで。

で、まずは野村さんとの台本の打ち合わせの時に、野村さんが劇団『天動虫』さんで書いていたコントの台本をついでに見せてもらい、さらには野村さんに読み合わせにも付き合ってもらいました。

野村さん、その節はありがとうございました。

なるほどなるほど……
でも、他劇団ですでにやっているコントをやるのはちょっとどうなんだろう、と苅野さんに言われたので……(笑)

というわけで、タワーがショートコント書くとこになりました。
今までショートコントをちゃんと書いたことがないのですが、ちょっと考えてみたら傑作ができたので、書いて稽古場に持っていきました。
早速稽古場で皆に読んでもらい感想を聞いてみると……


渡辺さん「………これ、書くのにどれくらいかかった?」
タワー「1時間くらいかな?」
渡辺さん「じゃあ、今度葉2時間考えてみようか?」


日本一優しいダメ出しです。
ちなみに内容はポケットからビスケットを割って出すコントです。
いつかどこかでやります。


それからサンドイッチマンさんの動画とか見ながら改めてショートコントをたくさん書いてみる。
稽古場に持ってってみると、ショートコントの形にはなってる、と言われる。
良し!イケる!
そう思いました。
(でも、今考えると形にはなってると言われたけれど、面白いと言われてないのには気づきませんでした。)


そしてここで隠し玉が登場!
実は苅野さんの旦那様の“シゲさん”が元芸人さんだったのです。
しかも当時はかなり人気の芸人さんだったらしい!
そこで早速アドバイスをもらうために稽古場に遊びに来てもらいました。
ショートコントにアドバイスをもらい、更に新たにネタを一本もらいました。
それがショートコントのあとにやった警備員のコントです。
コントにかこつけて渡辺さんとたけヒーロがタワーへのうっぷんを晴らすというやつです。
それがタワーのかつての女性遍歴が丸わかりになるという恐ろしい結末を迎えることになるとは……(-_-;)
あと、ヒーローがとにかく楽しそうで良かった(笑)


兎にも角にも、コントがそこそこウケたのは苅野夫妻のおかげです。
もはや頭が上がりません。
それ以前に、世話になりすぎてるのでむしろ頭がめり込んでます。
あと、このあとシゲさんがほぼ毎回稽古場に遊びに来てくれて、本番当日も結局全部来てくれたのも嬉しかったなぁ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

同年代!

タワーです。

振り返り、ちょっと一休みです。
『ワダタワーアワー』からもうすでに1月以上経ってることにびっくりです。
……早く振り返り終わらせなきゃ(-_-;)

最近同い年の人によく会いまして、必ずする話が“ままならなくなってきた身体と頭”の話。
年寄り臭いからダメ!って思うのですが、実感できてしまうから困りもの。
身体も皆どこかしらガタが来てて、膝で入院したタワーがいたら、実は倒れて運ばれていたヤツもいて、ロボットの『ペッパー』の名前が思い出せなくて「……ロッピー?」ってつぶやく彼がいる。


小木ちゃんと中垣と飲みました♪
(中垣到着後の写真は撮り忘れてました(^_^;))

小木ちゃんは『ワダタワーアワー』観に来てくれましてぶり、中垣は数年ぶり位になるのかな?
劇団志村な二人とユルユルと飲むのは楽しかった。
中垣は今、『キュンキュンパフェ』というトリオでコントをやっていて(劇団志村座長の稲垣くんもいます♪)、去年のキングオブコントではなんと準決勝まで行ってるんです!
今年ダメなら解散だ!!って勢い込んでいたから、今年は盛大にやってくれるでしょう!!
小木ちゃんは最近劇団『アフリカ座』さんに入団して舞台をバリバリやってます。
今年劇団卒業したタワーと対照的で感慨深い(^_^;)
ウズウズしてるのが伝わって来てこっちまでウズウズしてきます♪


ウズウズしつつもなんか空回りしている感じもある最近(^_^;)
なんか両足同時に踏み出そうとしてる感じなんですよ(伝わります?これ?(笑))
で、結局何も出来てないという。
焦らず一個づつやってこうや、タワー。
まずはアレからだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

タワーと遊ぼう。

ワダタワーアワー振り返りその③


ワダタワーアワーの最初のコーナー、お客様参加型イベント『タワーと遊ぼう』。


“和多田警部”としてイベントの進行に四苦八苦のタワー(笑)

お客様から2名抽選で選んで、タワーと3人で芝居をやろうというムチャぶり企画。
これもタワーの集大成的な発想のもとに考えた企画なんです。


かつてタワーが参加していた観客参加型イベントユニット『アクトパスガーデン』。
(※今ももちろん継続しています!)
「観客参加型イベントがコレからは流行る!」というちょっと“お仕事になったらいいなぁ”感で企画されたこのユニット、あるときはお客さんも普通に参加しているパーティーの中で芝居をしたり、ある時はお客さんの投票により芝居の進行や終わり方を変えたり、ある時はお客さんに犯人を特定する謎解きをしてもらったり……
面白要素満載なことをやってました♪
その分作り手側は頭がこんがらがりながら作ってましたが(笑)
ということで、久々に参加型イベントやってみようと。
なら、アクパスガーデンの台本を全部書いていた土城さんをおいて他にはいない!
最近はテレビドラマや映画の脚本で大忙しの土城さんですが、声をかけたら「良いですよー♪」って快く引き受けてくれました。


打ち合わせでは、
『お客さんを2、3名ランダムで選んでその人たちとタワーとで芝居したい!』
『なんかお客さんを恥ずかしい目にあわせたい♪』
とだけ伝えてあとは丸投げ(笑)
そしたらああいう、『なんちゃって殺人事件推理イベント』的なものが出来上がりました。
『あれ?お客さんよりタワーが苦しんでるような?』
と思ったのはココだけの話。
あんなフワッとした打ち合わせでキチッと仕上げてくる土城さんはプロやわー♪


当日、お客さんにチケット代わりに『ワダタワーアワーオリジナルステッカー』を渡し、その裏に番号を振っといて、前もって用意していた抽選箱からその場で数字を引いて参加する2名のお客さんを決めていたのですが、中々タワーと縁の深い人が選ばれる率が高くて、毎回びっくり!!
(まぁ、お客さんはタワーが呼んでいる人たちがほとんどなので、そういう人に当たる率が高いのは当たり前っちゃあまりまえなんだけど)
特に2日目の昼の回ではタワーのお母さんが選ばれて本当にびっくり(^_^;)


お母さんといっしょのタワー。
本人は『なんで私を選ぶの!!』と怒ってましたが、見ていた人に聞くと母ちゃんは結構楽しそうだったらしい(笑)


参加してくれたお客さんには特性の『タワーパン』をプレゼントしました。


これ、代田橋の苅野さん行きつけのパン屋さん『グリューネ・ベカライ』さんで無理言って作ってもらったのですが、店主さんからは『クロワッサンをこんな形にしたのは初めてだ』と言われたそうです(笑)
試作を重ねて試行錯誤の末に作られたタワーパンですが、本番前日にパン屋さんで3回分のタワーパン受け取ったところ、袋詰めの段階でタワーの“”展望台”の部分が取れてしまったものがいくつか出てしまい、急遽砂糖を接着剤替わりに使って補修するというヒトコマも(^_^;)
なのでいくつかはほんのり甘いタワーパンでした。



あと、台本上で『ここからはモノマネで』と書かれている部分があり、稽古では平泉成のモノマネをやっていたのですが、あまり似てなくて、
他に刑事系のモノマネをということで、家で一人で相棒の杉下警部のモノマネをやってみたり、夜、帰宅途中に公園
で古畑任三郎のモノマネをやってみたり、一人稽古の日にヘイズで名探偵コナンのおっちゃんのモノマネをしたりしたのですが、似てなくて、なんか恥ずかしくて……
最終的に大好きだった刑事コロンボのモノマネをやりました。
刑事コロンボのテーマ曲をかけ、誰だかわからなくならないように「刑事コロンボです。」と自己紹介をしました。
もちろん似てなくて、恥ずかしくて、でもとても楽しくて。
身内もお客さんもみんなポカーンだったけど、たけヒーローだけがやるたびに笑ってくれて、嬉しかったなぁ♪



あと、詳しくは書きませんが、リアクション芸人さんの凄さを痛感しました♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

道徳の時間について。

『ワダタワーアワー』振り返りその②。



男3人芝居、『道徳の時間』。



実は今回の『ワダタワーアワー』、なんとなく“ワダ タワーの集大成”的な企画にしたいなという裏テーマがありました。
そこで自身を振り返ると元々はコメディーをやっていたなぁと思いまして、特に『クロカミショウネン18』という劇団にいたときは『“浮気”とか“不倫”を誤魔化すためにワチャワチャする』内容のシチュエーションコメディーをやっていたなと。
最近バカバカしいコメディーをやっていなかったのもあり、じゃあ“浮気”“不倫”をテーマにしたコメディーやろうじゃないかと。
実は今回の企画を思いついたときに真っ先に考えたのがこの男3人芝居でした。
ちなみに“男3人”というのは一番気楽に芝居出来そうな感じがしたから(笑)

最初は自分で台本書こうと思っていたのですが、台本を書くなんて大学生の演劇サークルのときに書いたきりで、あとは結婚式の余興で書いたくらい(^_^;)
プロットだけ書いて誰かにお願いしよう、となりました。
そこでお願いしたのが劇団『天動虫』の野村さん。
以前、男二人芝居『男の道』を天動虫さんでやらしてもらったのが頭にあったのと、集大成としては近年お世話になっている天動虫さんは外せないな、というのとで野村さんに依頼しました。
「僕コメディー書かないんだけどなぁ(^_^;)」なんて言いながらも、割と細かめな素人のプロットもしっかりと取り込んだ上でとても面白い本を書いて来てくれました。
実際、野村さんから台本もらった時は声を出して笑いながら読みました♪
しかも遅筆だと言う話だったのにしっかり稽古前には書き上げて下さいまして、これは逆にやる方にプレッシャーが……(笑)

『道徳の時間』というタイトルは野村さんがつけてくれたのですが、馬鹿なオジサン3人が『不倫』でワチャワチャしているのをまるで学校の先生のように優しい目線で、時には呆れながらも見守っている感じで好きですね。
本番直前に作ったパンフレットに演目を書くときも、このタイトルあわせで他のコーナーの名前も『〜の時間』ってつけたんですが、なんか統一感が出て良いなぁとおもってました。
実際どうかはわかりませんが(^_^;)

とにかく、これでメインコンテンツが出来たなと安心したのを覚えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

アワー、について。

ということで、『ワダタワーアワー2018』についてアレコレ。

そもそも、今回の企画で何がやりたいのか?
そんなことを最初の最初に制作・苅野さんに聞かれたとき、やりたい内容を箇条書きにしていた。
その一つに『い○とものオープニングやりたい』と書いたのを見て(だった気がする(^_^;))、
苅野さん「じゃあ、『森○一義アワー』みたいに『ワダタワーアワー』にしちゃえばいいんですよ。」
と言われて「それ良いな♪」となったのが今回のタイトルが決まった瞬間でした。
……今思うと気持ち的な意味で言ったんだと思いますが(^_^;)
安直でしょ?
でも、思い切って自分全面に押し出してみようと思ったわけです。
ただでさえすぐ後ろに下がってしまう性分なもんで、自分。
そして、全部『ア』で母音が終わるのがバカバカしいし、子供にも優しい感じが良いでしょ?(笑)
で、最初の稽古のときにダンスの稽古をしたのですが、とにかくかつての『い○とも』の再現をしたくて、WEBにある動画を見まくり、振り付けを覚えようとしました。
が、問題点が2つ。
まずは振りが覚えられない(^_^;)
簡単な振りだと思っていたのですが、これが意外と覚えられない。
ダンサーさんならチョチョイのチョイでしょうが、タワーさんだと難しいようで、何度も何度も見直して、動画もダウンロードして、スマホに動画アプリをインストールして、その機能でスロー再生して、更には画像を左右反転して、そこまでしてなんとかかんとか。
そしてもう一つは……
皆さん、かつての『笑ってい○とも』のオープニングを思い出してください。
12時になるとテーマソングが鳴り響き、“○いとも青年隊”が歌い踊るオープニング。
しかし、最初の最初、12時になった瞬間、ブラウン管にはアルタ前の景色と『笑ってい○とも』のタイトルが。
つまりその瞬間の踊る“○いとも青年隊”の姿は放送されたことがほぼないのですよ!!
こいつは本当に困った!!
最終的には“タイトルからスタジオ内の映像に切り替わった瞬間”のかすかな青年隊の動きと、『○いとも』の最終回で披露された、初期のセットと振り付けが再現されたオープニングの動画から推測して振り付けし直しました、このタワーが。
(それでも再現のダンスのほうは、踊ってる人たちが踊れる人達なもんだから高度なアレンジがされていてかなりこんがらかりましたが(-_-;))

なべさんとたけヒーローがこのダンスを踊るのを稽古も含めると数十回は観てると思うのですが、ホントに好きでニコニコしながら観てました。
愛おしいオジサンたちだなぁって。
あとこの歌とメロディーも好きですね。
元気出るもんね。
稽古中は何度も大声で歌いながら自転車こいで家に帰りました(笑)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ワダタワープロデュース『ワダタワーアワー』、終幕!