« あとちょっとで初日! | トップページ | 5日目。 »

2010年10月17日 (日)

ピーチャム4日目。

ピーチャム4日目。
気がつくともう本番4日目。
早い早い。
久々の体力勝負な公演。
体の節々が痛い痛い(笑)
昨日は1日2公演をまわし、まさに目まぐるしい1日だった。
今回は舞台転換が激しい!
昼に来たお客さんが夜の回に舞台裏を遠巻きに観に来るぐらい(笑)
タワーも舞台上で暴れつつ舞台裏でも暴れてるよ!
さぁ、あと5分で本番だい!

写真は本番前に皆にフリースタイルラップを披露してくれた音響の村上さん。
圧巻!
※本番でそんなシーンはありません。

◎ピーチャム・カンパニー
urban theatre series #1『口笛を吹けば嵐』
脚本:清末浩平
演出:川口典成

会場:シアターイワト
(JR飯田橋駅西口より徒歩7分ほか、新宿区岩戸町7番地、詳しくは劇団ホームページでご確認ください http://peachum.com/)
●2010年10月14日(木)〜20日(水)
17日(日)14:00/19:30
18日(月)19:30
19日(火)14:00/19:30
20日(水)14:00

●出演/
堂下勝気、八重柏泰士、岩崎雄大(以上、ピーチャム・カンパニー)、平川直大、藤尾姦太郎(犬と串)、日ヶ久保香(サムライプロモーション)、松隈量(ダブルフォックス)、飯塚克之、奈月かなえ、松本寛子、金崎敬江(miel)、ワダ タワー(クロカミショウネン18)、小野千鶴、宍倉暁子、羽田真
●チケット/
※全席指定
前売:3000円
当日精算券・当日券:3300円→3000円(※キャスト扱いのみ割引料金です)
●予約
ワダまで連絡下さい。
●あらすじ
今日、私たちはこの街で、何を夢みればよいのだろうか?
押し殺せぬ壮大な情熱を抱いて、刑務所を出たケンは街へと戻る。彼を中心とした都市の群像を描き、現代のドラマのあり方に地殻変動を呼び起こす。シビアな現実認識と胸躍るロマンの同居する、2010年代の演劇の形。

|

« あとちょっとで初日! | トップページ | 5日目。 »

芝居。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーチャム4日目。:

« あとちょっとで初日! | トップページ | 5日目。 »