« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

実は

実は
ひそかにスマホデビュー。
でも使い方がわからず昨日も朝まであーでもない、こーでもないと、いじっていた(-.-;)
アプリが特にわかりません!(泣)
4月の芝居のチラシ作りに必要な写真のデータをなんとかしてパソコンに取り込みたいのに全然前に進めない…


うーん、頭が沸騰中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

クリスマスは…

クリスマスは…
クリスマスは…
前回の記事でも書いたように、クリスマスは観劇のはしごをしていたよ♪

昼に観に行ったTeamクースーさんの「分署物語」は上野ストアハウスでやっていた。
今年の9月の高円寺のカフェ公演で共演したシゲさんこと重住くんが出演。
内容は消防署の日常を描いた話で、演出的にも演者的にも安心感のある舞台だった。
久々にほっこり笑えた気がする。
シゲさんは『こういうザ・お芝居!という感じの舞台に出るの初めてなんすよー!』と言っていたが、なかなかどうして全く違和感なかったっすよ。
もっとやったらいい!と、けしかけてきた(笑)

夜はタクト・プレイで共演した大内さんのキャラメルボックスさんを観に池袋はサンシャイン劇場に。
初めてのキャラメルボックスさんは(ごめんなさい!)『なんて優しい世界なんだろう…!』と思った。
お客さんもその世界に浸りつつ、積極的に舞台を楽しんでいる。
キャラメルボックスさんがしっかりとお客さんと築いてきたものを垣間見た感じ。
さすが老舗だぜ!ていうクオリティーだった。
前向き芝居(お客さんを意識した芝居?ということかな)なんて言う人もいるけれど、しっかりお客さんとキャッチボールをしようとした結果なんだなぁって…(えらそうだなぁ(笑))
大内さんはお人好しで間の抜けたちょっと困った感じのお父さん役をやっていて、しゃべる度に大爆笑をとっていた。
普段とのギャップ的にも面白く(笑)、またこんな一面もあるのかなぁって思わせるのがまた面白かった♪
勉強させてもらいました♪

そのあとは急遽忘年会を開催♪
芝居仲間の豊里歩美ちゃんと佐藤ひろっきぃさんと悶々とするあゆみちゃんを茶化す会(笑)
この三人で一時期よく飲みに行っていたが、三人そろっては今回久々かも。
タワーにしては珍しくカラオケまで行っちゃいましたよ♪
しかも朝まで(笑)
その模様はあゆみちゃんとろっきぃさんのブログを見てくださいませ…
それにしても二人とも歌うまかったなぁ…

為せば成る!~あたしに演らせろ!~

アメブろっきぃ。

写真はキャラメルさんでもらった塩キャラメル(恒例みたい♪)とクリスマスイブイブにお母さんからもらったホールのケーキ。(一人で食べたぜ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

今週も色々観てる。

今週もたくさん観劇。
今月は家賃分以上に観劇することになるなぁ(^_^;)

タクトプレイで共演の持永雄恵くんの出ていた雀組ホエールズさんの『ゴジラ』を学芸大学の千本桜ホールで。
戯曲は離風霊船の名作戯曲。
ゴジラが娘の結婚相手というキャッチーな設定を利用して、言葉は悪いけど“くさい”人間模様を観ている方にスッと入って来やすくしている巧みな戯曲だと思った。
ゴジラがユウホくんで、キャラクターっぽいユウホくんにぴったり(笑)
面白かったけど、個人的には役者さんの“熱量”の表現の仕方に差があるのがちょっと違和感というか、なんだか時代の違う人が同じ舞台にいるような感じがした。
(別にユウホくんが“昭和顔”だからじゃくて(笑))


あひるなんちゃらの根津さんの出ている競泳水着さんの「すべての夜は朝へと向かう」を観に新宿スタジオサンモールへ。
競泳水着さんはクロカミの企画公演の時に短編を書き下ろしてもらったりしているのに、実は長編は初観劇o(^-^)o
男女の恋愛模様を巧みな演出と役者で描いた芝居。
なんだこの悶々とする寸どめ感は!(笑)
これはハマったらたまらないね♪
トレンディードラマと言われているのもわかる。
女の子が普通にちゃんと可愛いのがすごいと思った。
根津さんを舞台上で見るたびになんかすごく良い役者に見えるのが悔しい(笑)


以前連跿(レンズ)で共演した根津弥生さん(根津さん続き(^_^;))の出ている机上風景さんの『このまちのかたち』を観に新宿タイニィアリスへ。
今年の10月にもやった作品の再演で韓国にも公演をしたという4人芝居。
舞台上の空気感が素敵だった。
話はかなり重く、演出も最小限で曲もほぼなし、場面転換も無音。
だけど観ている側の集中力が全く切れずに最後まで観れた。
1人1人の比重が半端ないだけにきっと役者はドッと疲れるだろう。
でもこういう芝居をみるとなんだか誇らしい気持ちになる。
…あと、悔しくなる(笑)


池の下さんの『エレベーターの鍵』を観に王子のpit北/区域に。
役者仲間のせりこと芹沢さんが出ていた。
もうね、スゲェ怖いの!
特に女優さんが!
こちらも4人芝居で男女が2人づつなんだけど、話的には男に酷い目にあわされる女達の方が観ていて恐ろしい。
せりなんか一言もセリフを言わないのに、途中からやる人形的なマイムが果てしなく怖い!
トラウマもの!
ちょっと見る目がこれから変わりそう(笑)
でも素直に思った、せりスゲェって♪


今日も観劇。
しかもはしご(^_^;)
…年越せるかな?


感想は後で書くけど、さっき観たTeamクースーさんの舞台も面白かったよ♪
良かったら上野ストアハウスで17:30から!
まだ席あるって舞台上で言ってたから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

今年の成果。

そして今年の成果、年末版。

11月に収録したweb用アニメーションが完成!
商品の名は『USB充電式ライターJii(ジー)』。
すでにドンキホーテとかで販売しているものだそうで、HPはココ
ただし、まだ準備中でアニメーションは見れない…と思いきや……!


youtubeにアップされてた!!(笑)
そしてこの動画をブログにアップするのに手間取った!(涙)
ジャンボイのときのチームで作られたアニメはやっぱりサイコーに面白い♪
タワーはオープニングのナレーションとかちょこちょこっと歌ったり女の子を引きとめたりしてます(笑)

あと、スターダス・21カンパニーさんに描いた絵の舞台上の写真が届いた。
1_2

2

やっぱり額に入ると違うなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

まずは来年の予定。

というわけで現在確実に決まっている来年の予定。

●2013年2月5日(火)〜10日(日)
血沸肉踊隊 第三回公演『天廻物』
@下北沢シアター711
作・演出 谷口幸穂
HPはコチラ

初めて出演の劇団さんです。
主宰の谷口さんは渡辺えりさんの劇団300出身で今回でまだ3回目ながらザ・スズナリさんに『ウチでやらない?』と誘われるほど世界観を持つ劇団さん。
アングラっぽい雰囲気もありつつ、歌やダンスも挟みつつ、最終的には真っ直ぐにテーマに向かっていく作品を作っている印象がある。
あと谷口さんは同い年で誕生日も近く、何よりプロレス好き♪というのが良い(笑)
あと団体名が凄い(笑)

●2013年4月
異魂(ことだま)第一回公演『太陽よ、汝は動かず』
@下北沢OFFOFFシアター
作 斎藤栄作
演出 半海一晃
主宰 希久地沙和

ここも初めて、というか旗揚げ公演。
元々主宰の希久地さんは前々から知り合いで今年の1月のタワープロデュースにも出てもらった女優さん。
このひとは強さと弱さをすごい振れ幅で併せ持った不思議な人で、かなり深いところで他人とつながれる稀有な人だ。
プロデュース公演をやるというので、チラシを作ってお手伝いという話だったのが、楽しそうで羨ましくなって気づいたら出演させて欲しいとお願いしていた(笑)
正真正銘初モノなので、何が生まれるのか楽しみだ♪
あと、半海さんが演出というのもびっくり。

来年は今年とはまた一味違ったタワーをお見せできますように…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

また?悩ましい日々…

また?悩ましい日々…
年末に行くにしたがって色々とまた頭のなかをぐるぐるしていく。
自分の身の回りは常に動いていく。
そこにどう自分が飛び込んでいくか?
もしくは今は飛び込まないのか?
はたまた既に飛び込んだものをどういうふうに回していくか?
または回さないのか?(笑)
考えることは尽きず、行動は伴わず…(>_<)

殺陣の稽古は早くも全然行けてない(-.-;)
4月の舞台のチラシはまだまだ模索中。
あと来年の自分の動き方に悩み中…

そんな頭ばかりがぐるぐるするとき、美味しいものを食べて頭に栄養と体の存在に気づかせてやる。
まぁ、ちょっとした現実逃避もかねてだけど(笑)
というわけで美味しくて安い餃子屋さんを発見!
最近ちょいちょい食べに来てる♪


そうだ、来年2月と4月の舞台の情報、そして諸々の活動の報告せねば!
今夜にでもアップしやす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

王子でプロレス!

王子でプロレス!
音響の“スマイル”平井くんのお誘いで王子小劇場でやっていた『シアタープロレス花鳥風月』を見に(というか平井くんのお手伝いに)行った。
劇場目一杯に作られたリングの回りにぎゅうぎゅうに詰まったお客さん。
すぐ目の前で繰り広げられるプロレスは近すぎるほど近く、選手はお客と文字通り対話しながら試合をし、場外乱闘になりリングアナウンサーが『危険ですので後ろに下がって下さい!』とアナウンスしても下がるほどのスペースもなく(笑)、選手がコーナーポストに上がればキャットウォークで見ている人の目線の高さに選手の顔が来る。
アットホームな雰囲気ながらも非日常な風景にただただ笑顔になった♪
個人的ベストバウトは最後の本間選手vs7代目ブラックタイガー。
純和風な出で立ち♪のブラックタイガーのしつこい指攻めにお客の目が釘付けに。
本間選手の親指への声援&悲鳴が飛び交い、攻撃の対象が小指→薬指へと移っていく様は職人芸だった。
みんなが『おやゆびー!』って叫ぶ試合は初めて(笑)
あるお客さんの『指はダメだよー!』という叫びには思わず吹き出してしまった(笑)
また本間選手のパンプアップされた体は見事の一言。
銭が取れる体だった。
肉声は喉が潰れすぎていてほとんど何を言ってるのかわからなかったけど(^_^;)
また王子でプロレスやってほしいなぁ…

写真はリングをキャットウォークから見たところ。
試合後に本間選手をいたぶる新井健一郎選手とブラックタイガー選手。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

さやえんどー

さやえんどー
さやえんどー型のストラップ♪
ガチャガチャを見てたらつい♪
これを見て日々のイライラを緩和しているのだ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

実家に行くと…

実家に行くと…
ちょっと用事があって横浜の実家に帰っている。
いつもあるこたつに潜り込むとアイスが出てきた。
さらにはヤクルトが出てきた。
次にはプリンが。
ロールケーキが。
饅頭が。
たこ焼きとビールと牛乳が。
そしてこれから焼き肉が…

お母さん、そんなに食えないっす!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

やっとこやっとこ…

やっとこやっとこ…
というわけで、スターダス・21さんの舞台用の絵、やっとこさ完成。
演目はミステリーもの。
台本のト書きによると『林の中に建っているジョージア王朝風の建物』が描かれていて、登場人物達の故郷を描いた(もしくは故郷を思い出させる)風景画、という設定。
実際絵の前で芝居したり、絵について語っていたりするシーンもあるみたい。
…結構重要な小道具だったりする(^_^;)

自分にとって風景画って描くときにどうしても意識が散漫になってしまうので苦手っちゃあ苦手。
そういう意味では分かりやすい人物画の方が思い入れもしやすくて好き。
今回もどこに意識を持っていくか迷いながら描いた。
普通なら中心の建物なんだろうけど、実は周りの空なり森なんかの方が重要だったりする、と思う。
…そんなこと考える余裕がないぐらい焦って描いたけど(笑)
スターダス・21のアトリエに「どうかなー?」ってドキドキしながら絵を持っていったが、意外と皆さまの反応が良かったので何より何より♪
(まぁ、気を使ってくれたのかもしれないが…)

絵を小道具として提供するときいつも思うのが、実際に額がついて舞台上の明かりの中で絵をみると全く印象が違うということ。
芝居の中での扱われ方によってもだいぶ違う。
だからスターダス・21カンパニーのみんなの芝居でカバーお願いしますよ♪

芝居は12月12日(水)〜16日(日)まで小竹向原駅から徒歩12分ぐらいのスターダス・21さんのアトリエにてやっている。
タイトルは『A case of Arden』(作・演出 野坂実)
お時間ある方は、キラキラしたカンパニーの若人達の芝居と、タワーの焦りと苦悩の結晶を観にぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

もう一息。

もう一息。
あまり手が進まないながらもある程度まで進んだ。
出掛ける時間なので、一時休止。
帰って来て少し手を入れたらスターダス・21さんに持って行かないと間に合わないな。

それにしても筆ががだいぶボロボロだなぁ。
そろそろ買い換えなきゃいけないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

なかなか進まない…

なかなか進まない…
なかなか進まない絵。
風景画は苦手だにゃあ…
あ、明日までには終わるかな?(^。^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

その前に…

その前に…
腹ごしらえ。
飲みの誘いも断腸の想いで断ったし、今日は朝まで描く、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて…!

さてさて…!
スターダス・21カンパニーさんの小道具の絵。
なんとか明日中に完成を目指す。
予想より締め切りが早かったもので…

が、がんばるぞぉ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

テロる?

テロる?
昨日は小竹向原はアトリエ春風舎にユニット『工場の出口』さんの『テロルとそのほか』のお手伝いに行った。
このユニットさんは風琴工房の詩森さんが去年12月に上演された企画『日本の問題』に劇団として参加したことに端を発して、同じく役者として参加していた4人の役者(当時参加した団体はそれぞれ違ったりしてる)とともに立ち上げたユニットで、各役者が詩森さんとディスカッションして(たぶんそれぞれが思う現在の日本が抱える問題について)、それをもとに詩森さんがそれぞれの題材に関してモノローグ(1人語り)と短編を書き、更に一本の芝居として繋ぎ合わせるというえらく大変そうなことをする企画だ。
詩森さんの自虐的な企画だとも言える。
だから同じく『日本の問題』に参加したタワーがお手伝いに行ったのだ(笑)


以下ちょっとネタバレ。


それぞれの役者発信で作られた芝居は、その“役者発信”だということを意識すればするほど興味深い内容だった。
特に浅倉さんと生井さんの語る内容は『そんなことを考えていたのね!?』となった(笑)。
短編とモノローグが交錯しながら物語は進んでいくが、モノローグってとてもハードルが高いってタワーは思う。
もちろん役者の技術や高い集中力が必要だけども、観る方にも集中力が必要だ。
その集中力をお客から引き出す何らかの力が役者から発散されてないと場がふわっとしてしまう。
そんなモノローグと工場の出口さんは正面から戦っていたが、たまにモノローグを追いきれていない自分もいた。
単純にタワーの集中力が足りないのもあるが…
でも、そんな真摯な姿勢は素敵だと思ったし、タワーはなんだかドキドキしましたよ♪

短編の方は面白い4人が揃っていたので単純に面白かった。
特にカップルの話には爆笑しつつこんな人いるなぁと妙に納得。
先輩後輩の話は後輩の方に感情移入して見ていられなくて良かった(笑)

金曜日までやっているそうなので良かったら♪


写真は終演後に詩森さんと浅倉さんと小竹向原のモロッコ居酒屋(!?)でのひととき…
…二人ともメールチェック中だけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

川崎はどうだった?

川崎はどうだった?
一昨日は吉祥寺シアターからの川崎はラゾーナ川崎プラザソルに観劇のはしご。
ここにはお座敷コブラさんを観に。
お座敷コブラさんははぶ談戯さん繋がりでかなり前から知り合いだったのに一度も観に行っていないという不義理を続けてしまっていた劇団さんだ(^_^;)。
観たことはないけど出演者の面々をみて勝手に小学生とかが大好きそうな下ネタとかバンバンやるオモロ系劇団だと思い込んでいた(笑)
初めて観た感想としてはオモロ系はオモロ系だけど割りとマトモな冒険活劇をしていたなぁという感じ。
アクションもたくさんあって舞台をところ狭しと動き回って…
若い人も多いようで華やかな感じ。
満足だったけど、欲を言えばもっと全体としてどこか突き抜けた部分があったら大満足になるのになぁと思った。(偉そうでゴメンちゃい)
もしくは細やかな部分の違和感が一個一個潰せていたら…(やっぱり偉そうでゴメンちゃい)
これはでも好みの問題だよなぁ、という感じではある。
“唯一無二な存在”の人がリアルに女の人に見えたのにビックリし、早乙女くんの魔神の弾けっぷりにマスクの、パッチさんこと中田さんの“本物過ぎるボクサーの動き”に笑った♪
ちなみに何で今まで観に行かなかったのに今回は行ったかって?
今回はスターダス・21の芝井美香先輩がゲスト出演していたからに決まってるじゃないすか!(笑)
いつ出てくるのか待っていたら、出番は開演してからほぼ2時間後だった(^_^;)
そして例のごとくお土産のお菓子をくれた美香嬢。
しかも個人個人にメッセージを添えて…
良くできた娘さんです。
ごっつぁんです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

吉祥寺→川崎。

吉祥寺→川崎。
寒い、寒い!
気温に着るものがおっつかない!
そんな今日は吉祥寺シアターからラゾーナ川崎に芝居のはしご中。

吉祥寺シアターにはてがみ座さんの『青のはて』を観に。
宮沢賢治が亡き妹を想い樺太へ旅をした話をモチーフにした舞台は、素敵な絵を魅せてくれる扇田さんの演出と吉祥寺シアターの広い空間とが合っていて浮遊感のある舞台になっていた。
今年出させていただいた風琴工房さんの時の舞台が樺太で役回りも宮沢賢治が好きな国民学校の先生役だったこともあり、内容的にも興味を惹かれるところが多々あった。
前々から知り合いな尾崎 宇内くん(細い!細すぎだよウダイくん!もっと食べな!(笑))が劇団員になってから初てがみ座。
宇内くんはもちろん、またまたお知り合いな岩瀬さんも佐野さんも充実した顔をしていたなぁ。


当日のパンフレットに劇団さんから素敵なお手数が♪
なんだか色々細やかな気遣いのある劇団さんだ。

さてさて、これから川崎に向かうですよー(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »