« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

横国公演、2日目。というブログを書こうとしていたのに……

横国公演、2日目。というブログを書こうとしていたのに……
横国公演、2日目。というブログを書こうとしていたのに……
横浜国大でのプレビュー公演、昨日、初日が開けた。
そして今日が最終日(笑)
昨日はギリギリまで粘った結果、予想を遥かに上回る慌ただしいスケジュールの中での幕開け、しかし逆に集中出来たのか、いろいろなハプニングもあったけど良い初日を迎えられた気がする。
……まぁ、このあとの中野氏の話を聞いてみないとわからないけど(^_^;)
本番後のお客さんとの懇親会では学生さんたちと話す。
みんな楽しんでくれたようで良かった♪
横浜国大の学生さんは大人しいイメージがあるけど、わざわざ残ってくれたぐらいだからガツガツくる学生さんもいて楽しかった。

あと、今回が初舞台の唐ゼミ☆新劇団員・金畑さんが、ほんとうに楽しそうに舞台にいたのが喜ばしい。
普通は緊張とかすると思うのだが、そんなことを微塵も感じさせずに、裏で控えているときもただただ、楽しそうにしていた。
……もっとも、この子はいつも楽しそうだが。

今日も色々と変更点やら改善点があるだろう。
まずは今日をケガなく楽しむことに集中するべし。


という記事を載せようとしていた二日前。
気づいたらあっという間にすぎていた。
もう昨日の雨の中、セットもテントも何もかもまっさらにしてきた。
本当にプレビュー公演をしたのかどうかすら怪しくなるぐらいの進行の速さだ。
2日目のプレビュー公演も色々と修正しながら前へ前へと進むことができた。
良い流れで来ている気がする。

さぁ、今度は浅草花やしきでの本公演!
ドンドン進んでいくぞ!

写真は唐ゼミ☆横断幕と丸山くんと藤吉くんの仲良しコンビと、まっさらになった青テントと感慨深げな?丸山くん。


●2014年7月5日(土)〜13日(日)
劇団唐ゼミ☆ 第23回公演
『木馬の鼻』【決定版】
作・監修=唐十郎
演出=中野敦之

2012年に初演した唐ゼミ☆初の唐十郎書き下ろし作品を新キャスト・新演出にて再び。
これぞ『木馬の鼻〈決定版〉』!!

【日程】
2014年7月5日(土)、6日(日)、10日(木)〜13日(日)
【時間】
全日 19時開演 (18:30開場)
【場所】
浅草花やしき裏 特設テント劇場
【料金】
前売/3,200円 当日/3,500円
*割引:3人以上のご予約で一人300円引き!!(チケットはご予約分同時にご精算下さい)
*観劇当日、唐ゼミのチケット提示で花やしきの入場料無料!
(劇団受付は当日14時から)
【チケット予約】
※タワーの知り合いと必ず記入してください。
電話:090-9803-9409(10〜18時)
メール:karazemi_yoyaku@yahoo.co.jp
※もしくは直接連絡下さいませ。
【あらすじ】
デパートの屋上遊園地で清掃員をしている谷也は、いつも夢うつつ。
ある夕方、翌日に近所の子どもたちのご招待デーを控えた谷也は、うっかり遊園地の花形である白い木馬の鼻についた鳥のフンを拭き忘れてしまう。
それを見とがめた庶務部の林原は、園長・天雨とともに谷也の住む箪笥屋に押しかけてきた。
一方、その箪笥屋を切り盛りする姉の竹子は、別の難題に直面していた。
この町に新しい道路を通すための区画整理を、絶大なる権力者である町内会長・喫茶店〈ピサロ〉のマスターが勝手に決めてしまったのだ。
追いつめられた姉弟は、竹子の惚れる近所のラーメン屋の店員・市と共に木馬にまたがり、喫茶店〈ピサロ〉に乗り込むが・・・
【横浜・プレビュー公演】
6月26日(木)、27日(金)
横浜国立大学内 特設テント
開演 18:00
チケット料金
前売り 一般2,000円 学生1,000円
当日 一般2,500円 学生1,500円
※こちらも普通に観れます!希望の方は連絡下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

今日、明日と横浜国大でプレビュー公演!

いよいよ今日から2日間横浜国大でのプレビュー公演が始まる。
来週の浅草本公演に向けて……何て言ってられない。
プレビュー公演といっても普通の本番と何ら変わるわけではなく、お客様も普通に来る。
昨日もゲネプロをやったあと、ドロドロになるまで稽古して、フラフラで帰った。
体力があるように振る舞うのは得意なタワーですが、最後まで動き回って稽古していた熊野くんやヤエくんを見ていると、20代とのスタミナの差を痛感する(^_^;)
唐ゼミ☆は本当にギリギリまで粘って粘って芝居を作っていく。
他の座組でももちろんそうだけど、唐ゼミ☆はそれが顕著だと思う。
毎日が試行錯誤の連続で緊張感がある。
たぶん今日もこれから新演出が提示され、それをやりこなす稽古をした上でプレビュー公演に臨むことになるだろう。
体はキツいけど、新入生の可愛い子にキャーキャー言われるために…………いや!良いものを作るためにもうひと踏ん張り!


●2014年7月5日(土)〜13日(日)
劇団唐ゼミ☆ 第23回公演
『木馬の鼻』【決定版】
作・監修=唐十郎
演出=中野敦之

2012年に初演した唐ゼミ☆初の唐十郎書き下ろし作品を新キャスト・新演出にて再び。
これぞ『木馬の鼻〈決定版〉』!!

【日程】
2014年7月5日(土)、6日(日)、10日(木)〜13日(日)
【時間】
全日 19時開演 (18:30開場)
【場所】
浅草花やしき裏 特設テント劇場
【料金】
前売/3,200円 当日/3,500円
*割引:3人以上のご予約で一人300円引き!!(チケットはご予約分同時にご精算下さい)
*観劇当日、唐ゼミのチケット提示で花やしきの入場料無料!
(劇団受付は当日14時から)
【チケット予約】
※タワーの知り合いと必ず記入してください。
電話:090-9803-9409(10〜18時)
メール:karazemi_yoyaku@yahoo.co.jp
※もしくは直接連絡下さいませ。
【あらすじ】
デパートの屋上遊園地で清掃員をしている谷也は、いつも夢うつつ。
ある夕方、翌日に近所の子どもたちのご招待デーを控えた谷也は、うっかり遊園地の花形である白い木馬の鼻についた鳥のフンを拭き忘れてしまう。
それを見とがめた庶務部の林原は、園長・天雨とともに谷也の住む箪笥屋に押しかけてきた。
一方、その箪笥屋を切り盛りする姉の竹子は、別の難題に直面していた。
この町に新しい道路を通すための区画整理を、絶大なる権力者である町内会長・喫茶店〈ピサロ〉のマスターが勝手に決めてしまったのだ。
追いつめられた姉弟は、竹子の惚れる近所のラーメン屋の店員・市と共に木馬にまたがり、喫茶店〈ピサロ〉に乗り込むが・・・
【横浜・プレビュー公演】
6月26日(木)、27日(金)
横浜国立大学内 特設テント
開演 18:00
チケット料金
前売り 一般2,000円 学生1,000円
当日 一般2,500円 学生1,500円
※こちらも普通に観れます!希望の方は連絡下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

建ってます!

建ってます!
先週末に青テント、横浜国大内に建てました!
以前唐ゼミ☆さんで建てた時よりも青テント経験者が少ないとのことで若干不安の声もあったようだが、終わってみればかなりスムーズに建てられたよう。
これもタワーと八重柏のツインタワーがいたお陰だな(笑)
青テントは唐組さんの本家赤テントとは違い、ガッチリと鉄骨の骨組みを組んでその上に青幕をうんしょ、うんしょ、と上げて完成する。
(赤テントは赤幕を広げて支柱を幕の下に差し込み、エイヤッ!と建てる。……わかります?(笑))
現在はテントの中に舞台を組み、セットも立て込みながらの稽古中。
その都度舞台装置にも手を加えながら作っていく。
贅沢な環境だ。
虫もたくさん出るけれど……(笑)
まずは横浜国大でのプレビュー公演に向けて頑張るど!

今回またタワーは装置に絵を描いたりしてますから、そいつも楽しみにしてくだいませ!


●2014年7月5日(土)〜13日(日)
劇団唐ゼミ☆ 第23回公演
『木馬の鼻』【決定版】
作・監修=唐十郎
演出=中野敦之

2012年に初演した唐ゼミ☆初の唐十郎書き下ろし作品を新キャスト・新演出にて再び。
これぞ『木馬の鼻〈決定版〉』!!

【日程】
2014年7月5日(土)、6日(日)、10日(木)〜13日(日)
【時間】
全日 19時開演 (18:30開場)
【場所】
浅草花やしき裏 特設テント劇場
【料金】
前売/3,200円 当日/3,500円
*割引:3人以上のご予約で一人300円引き!!(チケットはご予約分同時にご精算下さい)
*観劇当日、唐ゼミのチケット提示で花やしきの入場料無料!
(劇団受付は当日14時から)
【チケット予約】
※タワーの知り合いと必ず記入してください。
電話:090-9803-9409(10〜18時)
メール:karazemi_yoyaku@yahoo.co.jp
※もしくは直接連絡下さいませ。
【あらすじ】
デパートの屋上遊園地で清掃員をしている谷也は、いつも夢うつつ。
ある夕方、翌日に近所の子どもたちのご招待デーを控えた谷也は、うっかり遊園地の花形である白い木馬の鼻についた鳥のフンを拭き忘れてしまう。
それを見とがめた庶務部の林原は、園長・天雨とともに谷也の住む箪笥屋に押しかけてきた。
一方、その箪笥屋を切り盛りする姉の竹子は、別の難題に直面していた。
この町に新しい道路を通すための区画整理を、絶大なる権力者である町内会長・喫茶店〈ピサロ〉のマスターが勝手に決めてしまったのだ。
追いつめられた姉弟は、竹子の惚れる近所のラーメン屋の店員・市と共に木馬にまたがり、喫茶店〈ピサロ〉に乗り込むが・・・
【横浜・プレビュー公演】
6月26日(木)、27日(金)
横浜国立大学内 特設テント
開演 18:00
チケット料金
前売り 一般2,000円 学生1,000円
当日 一般2,500円 学生1,500円
※こちらも普通に観れます!希望の方は連絡下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

話し込む。

7月5日からの浅草公演まで一月を切った唐ゼミ☆『木馬の鼻』!
その前の6月26日・27日の横浜国大でのプレ公演を考えるとそんなにのんびりしてられない。
ほぼ、毎日稽古やら作業やらに終われる日々。
そんな唐ゼミ☆さんの稽古&作業は横浜国大で行われている。
この横国、結構交通の便があまり良くなく(笑)、近くまで行くのに横浜からバスという手が一番安心だったりするのだが、それだと交通費がかかって仕方がない。
そこで今回は唐ゼミさんが電車通勤組に自転車を用意してくれた。
これで東横線の反町駅まで自転車で。
反町駅のそばの駐輪所は1日80円という安さ!
これでかなり交通費での出費を抑えられる。
ありがたし!

そんなわけでほぼ毎日駐輪所のおじさんとも顔を逢わすことになり、なんとなく顔見知りになった。
そんなある日、朝から稽古の日に駐輪所でおじさんに呼び止められた。

『今日も芝居の稽古かい?』
「はい、そうです。」
『ほとんど毎日来てるよね?そんなに稽古するもんなの、芝居って?』
「まぁ、そうですね。」
『芝居でお金ってあまりもらえないんでしょ?仕事とかどうしてるの?』
『そこまで、何で打ち込めるの?』
『結婚とかしてるの?』
『何で?』
『何で……?』

おじさんの何かの琴線にふれたのか、良く聞かれることとはいえ、役者のデリケートな部分にズカズカ入ってくるおじさん。
しかも朝の、お酒も入っていない場で(笑)
とはいえこれからもお世話になるおじさんを無下にはできず、また、タワーもなんだかスイッチが入ってしまい、自分の悩みなんかも打ち明けつつつい話し込んでしまった(^_^;)
最終的には

『そこまで色々考えてるなら、陰ながら応援するよ。あ、横浜に大衆演劇やっている劇場あるから一度観に行ってみな!そっちの方がきっと稼げるよ!』

と言ってもらえた。
そんなおじさんに

「いや、陰ながらじゃなく表だって応援してください。」

という気持ちを込めて

「そうなんですか?一度その劇場行ってみます!」

とチラシを渡したのだった。
その時間約20分。
お陰で予定の時間を大分遅れ、重村君から「またタワーさんが遅れた♪」と嬉しそうにイビられたのだった。

それにしても雨が続く。
チャリ通にはツラい時期ですわぁ。


●劇団唐ゼミ☆
第23回公演
『木馬の鼻』【決定版】
作・監修=唐十郎
演出=中野敦之

2012年に初演した唐ゼミ☆初の唐十郎書き下ろし作品を新キャスト・新演出にて再び。
これぞ『木馬の鼻〈決定版〉』!!

【日程】
2014年7月5日(土)、6日(日)、
10日(木)、11日(金)、12日(土)、13日(日)

【時間】
全日 19時開演 (18:30開場)

【場所】
浅草花やしき裏 特設テント劇場

【料金】
前売/3,200円 
当日/3,500円
*割引:3人以上のご予約で一人300円引き!!(チケットはご予約分同時にご精算下さい)
*観劇当日、唐ゼミのチケット提示で花やしきの入場料無料!
(劇団受付は当日14時から)

【チケット予約】
※タワーの知り合いですと必ず記入してください。
2014年6月1日(日) AM10:00〜 発売開始
電話:090-9803-9409(10〜18時)
メール:karazemi_yoyaku@yahoo.co.jp

【あらすじ】
デパートの屋上遊園地で清掃員をしている谷也は、いつも夢うつつ。ある夕方、翌日に近所の子どもたちのご招待デーを控えた谷也は、うっかり遊園地の花形である白い木馬の鼻についた鳥のフンを拭き忘れてしまう。それを見とがめた庶務部の林原は、園長・天雨とともに谷也の住む箪笥屋に押しかけてきた。
一方、その箪笥屋を切り盛りする姉の竹子は、別の難題に直面していた。この町に新しい道路を通すための区画整理を、絶大なる権力者である町内会長・喫茶店〈ピサロ〉のマスターが勝手に決めてしまったのだ。追いつめられた姉弟は、竹子の惚れる近所のラーメン屋の店員・市と共に木馬にまたがり、喫茶店〈ピサロ〉に乗り込むが・・・

【横浜・プレビュー公演】
6月26日(木)27日(金)
横浜国立大学内 特設テント
※こちらも普通に観れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

すっかり寝落ち。

すっかり寝落ち。
7月の唐ゼミ☆『木馬の鼻〜決定版〜』の本番に向けて稽古、稽古な日々。

ここのところ夜中に家に帰って来て椅子に座ると全く動けなくなる。
動きたくなるなる、というのが正しいか?
風呂にも入らず、晩御飯も食べずにただ座っている。
そして気づいたら座ったまま寝ている。
お陰で毎朝首がバキバキだ。
これじゃいかん!と思い強い意思をもって帰宅し風呂に入る仕度を真っ先にしてさぁ入ろうとパンツ一丁になったところでふと椅子の方をみると、「座らんのか?」と言わんばかりに椅子がデンッ!と待ち構えていらっしゃる。
すると「少し座るか……」となって気づくといつものルーティーンにはまっている。
いや、むしろパンツ一丁なので状況は悪化している。
じゃあせめてメシでも、とご飯を買って帰って椅子に座ると、気づくとすっかり冷めたご飯を前に目を冷ましたことも多々ある。
魔の椅子である。
でも、帰って来てホッと一息ついて椅子に座る瞬間の安堵感たらないのである。
だから明日もきっとバキバキの首をして稽古に向かうだろう。

もちろん、今朝もバキバキだ。

●劇団唐ゼミ☆
第23回公演
『木馬の鼻』【決定版】
作・監修=唐十郎
演出=中野敦之

2012年に初演した唐ゼミ☆初の唐十郎書き下ろし作品を新キャスト・新演出にて再び。
これぞ『木馬の鼻〈決定版〉』!!

【日程】
2014年7月5日(土)、6日(日)、
10日(木)、11日(金)、12日(土)、13日(日)

【時間】
全日 19時開演 (18:30開場)

【場所】
浅草花やしき裏 特設テント劇場

【料金】
前売/3,200円 
当日/3,500円
*割引:3人以上のご予約で一人300円引き!!(チケットはご予約分同時にご精算下さい)
*観劇当日、唐ゼミのチケット提示で花やしきの入場料無料!
(劇団受付は当日14時から)

【チケット予約】
※タワーの知り合いですと必ず記入してください。
2014年6月1日(日) AM10:00〜 発売開始
電話:090-9803-9409(10〜18時)
メール:karazemi_yoyaku@yahoo.co.jp

【あらすじ】
デパートの屋上遊園地で清掃員をしている谷也は、いつも夢うつつ。ある夕方、翌日に近所の子どもたちのご招待デーを控えた谷也は、うっかり遊園地の花形である白い木馬の鼻についた鳥のフンを拭き忘れてしまう。それを見とがめた庶務部の林原は、園長・天雨とともに谷也の住む箪笥屋に押しかけてきた。
一方、その箪笥屋を切り盛りする姉の竹子は、別の難題に直面していた。この町に新しい道路を通すための区画整理を、絶大なる権力者である町内会長・喫茶店〈ピサロ〉のマスターが勝手に決めてしまったのだ。追いつめられた姉弟は、竹子の惚れる近所のラーメン屋の店員・市と共に木馬にまたがり、喫茶店〈ピサロ〉に乗り込むが・・・

【横浜・プレビュー公演】
6月26日(木)27日(金)
横浜国立大学内 特設テント
※こちらも普通に観れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »