« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月25日 (木)

やたらと豪華なホテルに来ました。

実は昨日から映像のお仕事で関西の方に来ています。

撮影の一日前に移動です。
新宿からロケバスに揺られて約6時間強。
膝と腰が限界を迎えそうな頃に宿泊地に到着、で皆驚愕(笑)
やたらと豪華なホテルでした。

大人数の撮影なので1ヶ所にまとめる為に大きな所になったのではないかと予想しつつも、やはりそわそわ(笑)
ホテル内にレストラン街があったり、ジムがあったり、プールがあったりします。


でも高い。


泊まる僕らは別にお金持ちではないので、当然そばの定食屋さんにいったりコンビニに買い物したりで用を済ませます。
というわけでむさい男達がコンビニ袋を提げて高級ホテルを闊歩してます。
今朝は部屋用の簡易スリッパでうろうろしてホテルマンに注意されてしまいました。
……品良く過ごさなければね(^_^;)

泊まってる部屋から見えるプール。
時期的に誰もいません。

というわけで、3月の舞台の稽古はちょっとおやすみ。
直前の稽古で宿題をいただいたので、そいつを何とかせねば!
と思いつつ、今日の撮影に備えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

夏の夜の夢、略して“夏夜”の稽古、着々と進む。

夏の夜の夢、絶賛稽古中。


今は本読みをしては、共通認識を高めるために演出の林さんから今回の夏の夜の夢に関してのレクチャーを受けたり、各々の考えを話したり、それらをもとに新たな試みを試しながら読んでみたり。
はたまた、シェイクスピアの独特な台詞回し、長台詞を読みこなすために、林さんの指導のもと歌舞伎の勧進帳の一説を読んでみたり、また体の使い方のヒントを得られるような身体を使ったワークショップを行ったり。

「初めまして!」な座組なので、今回の芝居についての認識を深めながら、お互いの認識も深めていくことをまずは焦らずにじっくりとやっている感じ。

なにせ今回の出演者は21人!
まだ全員の名前をしっかりと覚えきれてはないが、個性的な方々が揃っている。
とくにタワーが主に関わる方々はかなりの個性派揃い。
この人たちが本番で面白くなかったとしたら、たぶんタワーが邪魔をしてしまっているんだろう、という感じなのですでにプレッシャー(^_^;)

演出の林さんはニコニコしてて穏やかな人で何事も楽しんでいる方のように見受けられるが、主宰の小暮さんや出演者の大さん(二人は専門学校時代に林さんに師事していた)の話だとかなり恐ろしかったとのこと。
確かにギラッとした鋭い目をされていることもしばしば。
気を引き締めつつ挑まねば。
でもガンガンやられた方が結果良いことが多い。
タワーはサボりたがりだから、ガンガンやられた方が尻に火がついて良いのかもしれない。


毎回何かテーマをもって稽古に行こうと思っているのですが、今日のテーマは昨日の稽古で林さんもテーマにあげていた、「原点回帰、本に書いてあることを読んでみる」なするかな?




チョコレートカンパニー改めディ・ショコラーデ
第4回公演『夏の夜の夢』
作 ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 小田島雄志(白水社刊行)
演出 林英樹

出演
伊藤暢洋 岩﨑真美 宇貫貴雄 大竹沙知
佳月大人 菅野修吾 小暮美幸 坂井宏充
佐藤萌子 清水ひろみ 多田聡 大美穂 辻本健太 中田由布 中山唯 平井光子
前地佑哉 桝谷裕 森香緒留 山内一生
ワダ タワー (五十音順)

【日程】
2016年3月16日(水)~20日(日)

【開演時間】
16・17日ー19時
18・19日ー14時/19時
20日ーーー14時

【場所】
新宿・SPACE雑遊
東京都新宿区新宿3-8-8
新宿O·TビルB1F
※地下鉄新宿三丁目駅C5出口目の前。

【チケット】
前売り・当日 3,000円

【予約】
チョコレートカンパニー改めディ・ショコラーデ「夏の夜の夢」チケット予約ページのURLです。
このページから予約申し込みが入れば、自動的にワダタワー扱いとなります。

http://ticket.corich.jp/apply/71997/020/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »