« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月23日 (水)

夜があけました。

タワーです。

『夏の夜の夢』、おかげさまで20日を持ちまして無事に幕を閉じることが出来ました。

本当にギリギリまで気の抜けない、むしろ踏ん張らないと直ぐにボロボロになってしまう綱渡りな舞台でした(^_^;)
そこをなんとか最後までたどり着けたのも共演者の皆様、演出の林さん、主催者の萌子ちゃんと小暮さん、観に来てくれた皆さんのおかげ♪
感謝!

またシェイクスピア作品をやる機会があったら、もっともっと相当の覚悟をもって、この言葉の洪水で遊べるようになりたい!

唐ゼミでやってきたことを活かせたら、と思っていたのですが、そこまで自力でたどり着けなかったのが悔しい!
まだまだひよこっ子です。


さて、今日は久々の劇団唐ゼミ☆のミーティング。
舞台観に来てくれた皆がてぐすねひいて待っている!(-_-;)
心して向かわねば(笑)


これは本文とは関係のない、阿見201さんとのツーショット♪
舞台を遠くから観に来てくれた人を東京観光ということで東京ドームを見に連れて行ったら、後楽園ホール前でばったり!
女子プロレス観に来たんだって!
思わず写真撮りました(笑)
写真じゃタワーが前に立ってるからあれですが、タワーより6cmもでかい人です♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

いよいよ最終日!最後の夜……

タワーです。

今日が季節外れの夏の夜の夢、最後の夜です。
おかげさまで連日たくさんの方々に観に来ていただき、前売り完売なんて回も🎵
まぁ、小さな劇場ではありますし、出演者も多いこともありますが、それでもうれしいことに変わりはない🎵

ここまでは来ての感想は……難しい!(笑)
こんなに緊張する公演もなかなかない。
毎回手探りしている感じ。
そして丸裸で舞台に立っている感覚(^_^;)
おかげさまで昨日なんかは天国と地獄を見た日だったんじゃないかしら……(-_-;)
(あくまでタワーに限った話ね)


唐ゼミの皆もそれぞれの回を観に来てくれて、皆から色々ダメ出しされました(笑)
(ついでに大久保鷹さんも観に来られて、カツを入れられました(^_^;))
でも、なんだかホッとするね、皆に会うと。
離れて見るとホームグラウンドの有り難みが身に染みます……

そう、今回はせっかくの客演なのです!
そしてあと一回しかないのです。
と言うことは、楽しまなくてはもったいない。

どうしてもね、小心者なのでね、ビクビクしてしまうのですが、ここで守りに入ると楽しくない!
怖がりつつも攻めて終わりたい!

………………………………や、やるぞぉっ!( ;∀;)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

『夏の夜の夢』初日が開けたで!

タワーです。

何とか初日があけたのです。
個人的感想としてはちょっとぎこちなかったな。
もう、ド緊張ですね(^_^;)
何回やっても緊張します(笑)
あと、久々の密室空間での舞台にまだ感覚がつかめてないのかもしれない。
発散し過ぎな感もあり。
声がでかすぎるとご指摘を受けました。
たぶん勢いで諸々誤魔化そうとしたんだと思います。
反省。

あと、あれです。
本番直前に歯の詰め物が取れました。
飴をなめていたら、途中からなんか歯応えのあるものが参加してきたので出したら取れてました。
見辛いですが……
そして疲れた顔だな。
ま、色々あるもんです(-_-;)
だもんで奥歯にポッコリ穴の空いたまま初日を迎えました。
もちろん今朝朝イチで歯医者に行きました。
歯医者苦手(笑)

今日は二日目。
おかげさまで前売りは完売!
劇場入りしてから増席の作業。

昨日を踏まえて、より楽しめるものが提供出来るように準備準備……


チョコレートカンパニー改めディ・ショコラーデ
第4回公演『夏の夜の夢』
作 ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 小田島雄志(白水社刊行)
演出 林英樹

【日程】
2016年3月16日(水)~20日(日)

【開演時間】
16・17日ー19時
18・19日ー14時/19時
20日ーーー14時

【場所】
新宿・SPACE雑遊
東京都新宿区新宿3-8-8
新宿O·TビルB1F
※地下鉄新宿三丁目駅C5出口目の前。

【チケット】
前売り・当日 3,000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

関西から帰って来て、芝居観て、試写会行って、稽古行って、また関西。(3月2日投稿の記事)

3月2日に投稿したはずなのになぜかアップされてなかった記事を再投稿しました。



撮影から戻り、ちょうど『夏の夜の夢』の稽古もない日と被ったりしていたので、その足で芝居を観まくりました。

キンダースペースさんの『フェードル』は、題材的に『夏夜』の後の時系列の話だったので(作者も違うし、こちらは完全に悲劇だけど)、同じ人物がこちらではこんな風に扱われている、なんて思いながら見れてとても興味深かった。
そして単純にみんな格好いいなぁと思った♪
以前キンダーの番外公演に出させていただいた時には青年だった森下君が、一瞬誰だかわからないくらい“大人”になっていたのは一番の驚きだったかも。
(オッサンになった、なんて声もあったけど(笑))

あと、蜷川さんの『リチャードⅡ世』は、これは観に行った皆が言うことだと思うけど、オープニングのゴールドシアターの大先輩方の登場シーンからの流れに感動の涙。
もう、ただあの年代の方々が出て、懸命に舞台上に立っているだけでこんなにも胸が熱くなるとは!
語弊を恐れずに言うなら、この芝居はあのオープニングに尽きる!

その他にも最近は観に行けてなかった昔からの芝居仲間の舞台も2本観に行って、どちらも良い舞台で嬉しくもあり、自分の気合いが入る思いがしたこともまた嬉しかったり。


去年の夏に撮影していた、SF大作の映画の試写会に行ってきました。
(諸々の事情でまだ何の映画かは明かせません(^_^;))

実はこの映画の行事事になぜかタワーはことごとく参加出来ず、今回が最後にして最初の参加。
だから個人的にはかなり興奮。

もはや結構前のことのような気がしてたが、まだクランクアップから半年しか経ってないことに軽く驚く。
そしてそんな短期間にこんなCGバリバリの作品が出来上がる技術力にもさらに驚く。
タワーがどこにいるかは本人と同じ役で共演した190cm超えのお二人と、スタッフさんにしかわからないけど(笑)、でも自分的にかなり苦しんだシーンなどが出来上がった映像で良い画に仕上げられているのを観るとかなり嬉しい♪

そのあと短めのパーティーなども催され、ちょっとほろ酔いで帰りました。


そして今日からはまた関西にて映画の撮影。
ただいま新幹線にて移動中。


旅のお供の週刊プロレス♪

約1週間の滞在。

昨日は舞台の稽古でタワーのシーンを集中的にやらしてもらい、課題がてんこ盛りになりました(^_^;)
というかこの時期の1週間の不在は恐ろしい話!
ちょっと震えましたもん、昨日(笑)
でもやるしかない。
演出の林さんからはレベルの高い宿題をいくつかいただきました(-_-;)

まだまだ寒い中で夜中の撮影になるので、体調に気を付けつつ、個人練&イメージトレーニングで合流時に足を引っ張らないようにしないと。

やるぞ、おぅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »