« 撮影から帰ってきた! | トップページ | 小江戸へ。 »

2017年5月 9日 (火)

KW(観劇ウィーク)。

タワーです。

先週はGW(ゴールデンウィーク)でした。
でも毎年そんなにGW関係なく忙しない日々を送ってます。
むしろ今年は、というか毎年、観劇ウィークになることが多いです。
GWは遊びに行く人が多いせいか集客に苦労する、的なことをチラホラ聞きますが、そんなことを言いつつも演劇会の人々は結局相変わらず公演を打つのです。


みんな、やりたいからやっちゃうんです(笑)


そんなわけで今年も観劇ウィークでした。

まずは『女王と呼ばれた女』で共演したお宮の松さん出演の東京マハロ『あるいは真ん中に座るのが俺』を赤坂のレッドシアターにて観劇。


観に来てた岡本くん(左)と棚澤さん(右)とお宮の松さん(下)と。


そして女王が送った不気味な花束と(笑)

主宰の矢島さんがテレビドラマの脚本で向田邦子賞を受賞し、更に勢いを増している東京マハロさん。
そしてそんな大注目な舞台でもつぶらな瞳で舞台をふんわりと柔らかくしていくお松さん♪
すごく面白かったなー。

実は以前一度だけ東京マハロさんに出演したことがあるのですが、自分の頭が固くてうまいこと消化出来ずに本番を迎えてしまった苦い思い出が……(-_-;)
舞台が面白かったのもあり、余計にその事を思い出しました。



劇団天動虫さんの『僕は僕する』を観に要町の第七秘密基地へ。


寺山修司さんの様々な言葉を紡いだオムニバス的な芝居、というよりパフォーマンスに近い作品。
感覚的なで身体的なアプローチの作品は色々な見方ができて面白い。
主にバカバカしい見方をして主宰の帆足さんに呆れられてしまいましたが……(笑)
でも、ちょっとした動きの癖とか、セリフの言い回しの癖さなどが普通の芝居よりも明確になるので、なかなか怖いシビアな作品だとも思った。
全く同じ角度で首が傾いている温井さんとムラマツくんにゲラゲラ笑ったり、鹿又さんのどうしても子供に見えてしまうたたずまいに萌えたり(笑)して楽しみました♪

また、アフターイベントもあり、久々のレアキャラ劇団員・岩井梨沙子ちゃんの“女”役にほほう!となったり、土緊張のしんきょーへーに爆笑したりとこちらも楽しませてもらいました。


唐ゼミの先輩、熊ちゃんと重ちゃんが客演している唐組さんの『ビンローの封印』を観に花園神社へ。







観に行った時に写真撮り忘れたので(そういえば天動虫さんでも忘れてた(^_^;))、ツイッターに上がってた作業中の二人。
ひげの熊ちゃんといつも通りの重ちゃん(笑)
熊ちゃんは大活躍!
色々あって稽古日数は短かったみたいだけど、大役を楽しんでいるのが伝わってきて良かった!
重ちゃんは皆に愛されてるのがわかる感じ(笑)
久保井さんがやたら嬉しそうにカーテンコールで重ちゃんの名前を呼んでるのが印象的でした♪
赤テントで、二人をお客として観ているのはすごく不思議な感覚(^_^;)
でも、すごく嬉しい気分でした。
唐組さんは今週末も新宿の花園神社で公演を打って、その後池袋の鬼子母神、花園、長野と6月まで公演があります。
是非足をお運び下さいませ。



さて今日は久々に唐ゼミに顔だします。
何だか妙な緊張感……(^_^;)

|

« 撮影から帰ってきた! | トップページ | 小江戸へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KW(観劇ウィーク)。:

« 撮影から帰ってきた! | トップページ | 小江戸へ。 »