« 今日が千秋楽な唐ゼミ『あれからのジョン・シルバー』 | トップページ | お仕事お仕事…… »

2018年1月24日 (水)

終幕、『あれからのジョン・シルバー』

タワーです。

おかげ様で唐ゼミ『あれからのジョン・シルバー』無事に幕を閉じることができました。
これもひとえに皆のおかげ。
一緒に芝居作ってきた、色々個人的にサポートしてくれた、当日運営を手伝ってくれた、そして観に来てくれた、皆のおかげです。
ありがとうございました。

久々の唐ゼミ公演。
前回の腰巻お仙に続き、またもや大役をもらい気負いすぎたのか、全く自分の心と体が噛み合わないまま稽古が進み、ただ、ただ一人焦っているだけの日々が続きました。
役者最年長なのに誰よりも怒鳴られる日々(^_^;)
本番前にはなんとか形になってきても、正直不安は拭えません。
ちょっとかけ間違えたらそのまま転げ落ちてしまいそう。
毎朝劇場入りの前は吐きそうになってました(笑)

でも、やはり本番は楽しい。
観ている人がいて、自分のやってることにダイレクトな反応があって、共演者と息を合わせて一つのものを作り上げていくのは楽しい。
ハプニングもあったし、自分が色々やらかしたりもしたし、上手くいかないところも多々あったけど、
やはり楽しいですよ、芝居って。
そう思えて、嬉しかったです。


今回、闇屋という役を終えて、もっと嫌らしく、飄々と、乱暴に、可愛らしく出来たら良かったなぁと思ってます。
出来たかどうかはわかりませんが。
パツパツの今回はあれが今の限界だと思います。
でも、今まで出来なかったことが少し出来た。
だから次はもう少し先に。
先に向かっていきたいなぁ。

片付けは楽日翌日の1月22日にやりましたが、まさかの大雪。
ある意味、平穏では終わらない唐ゼミらしい終わりだと思いました(笑)
いや、むしろ千秋楽が大雪じゃなくて良かった。
……いや、そのほうが盛り上がったか?(笑)
そしてその日の夜に打ち上げを強行!
何人かは朝まで飲み明かしました。
もちろんタワーも!
客演のみんなとも本番まで落ち着いて言葉を交わすことも少なかったので、改めて感謝を伝えました。

今回の客演陣は皆、役者的にも人格的にも良い人ばかり。
きっといっぱい文句はあっただろうに(^_^;)、そんなことは全く顔には出さず、拘束時間の長い(たぶんどの劇団よりも長いと思う)唐ゼミのスケジュールをこなしてくれました。
ありがとうございました。

今回、劇団的には中野さんが外で仕事をし始めてから初の公演で、子供が産まれた椎野さんの復帰公演で、久々の劇場公演で、そもそも公演自体が1年3ヶ月ぶりで。
早くから準備をしていたはずなのに、時間はむしろ足りなくて、今までは湯水のごとく使っていた時間が使えず、“いつものこと”ができないことがジワジワと効いてきて、最終的には凄く追い込まれた気がします。
それに付け加えて、勝手に追い込まれていくタワー(^_^;)
今回、本当に余裕なかったなぁ。
情けない。
その分本当に周りの人達の力を感じました。
逆に周りに力をあげられるような男にならんとね。


さて、さっそく今日はお仕事もらえて撮影です。
初の“食”の撮影。
とにかくお腹を減らして出番待ち。
早く出番来ないかなー(^_^;)

|

« 今日が千秋楽な唐ゼミ『あれからのジョン・シルバー』 | トップページ | お仕事お仕事…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終幕、『あれからのジョン・シルバー』:

« 今日が千秋楽な唐ゼミ『あれからのジョン・シルバー』 | トップページ | お仕事お仕事…… »