« 道徳の時間について。 | トップページ | 同年代! »

2018年6月13日 (水)

タワーと遊ぼう。

ワダタワーアワー振り返りその③


ワダタワーアワーの最初のコーナー、お客様参加型イベント『タワーと遊ぼう』。


“和多田警部”としてイベントの進行に四苦八苦のタワー(笑)

お客様から2名抽選で選んで、タワーと3人で芝居をやろうというムチャぶり企画。
これもタワーの集大成的な発想のもとに考えた企画なんです。


かつてタワーが参加していた観客参加型イベントユニット『アクトパスガーデン』。
(※今ももちろん継続しています!)
「観客参加型イベントがコレからは流行る!」というちょっと“お仕事になったらいいなぁ”感で企画されたこのユニット、あるときはお客さんも普通に参加しているパーティーの中で芝居をしたり、ある時はお客さんの投票により芝居の進行や終わり方を変えたり、ある時はお客さんに犯人を特定する謎解きをしてもらったり……
面白要素満載なことをやってました♪
その分作り手側は頭がこんがらがりながら作ってましたが(笑)
ということで、久々に参加型イベントやってみようと。
なら、アクパスガーデンの台本を全部書いていた土城さんをおいて他にはいない!
最近はテレビドラマや映画の脚本で大忙しの土城さんですが、声をかけたら「良いですよー♪」って快く引き受けてくれました。


打ち合わせでは、
『お客さんを2、3名ランダムで選んでその人たちとタワーとで芝居したい!』
『なんかお客さんを恥ずかしい目にあわせたい♪』
とだけ伝えてあとは丸投げ(笑)
そしたらああいう、『なんちゃって殺人事件推理イベント』的なものが出来上がりました。
『あれ?お客さんよりタワーが苦しんでるような?』
と思ったのはココだけの話。
あんなフワッとした打ち合わせでキチッと仕上げてくる土城さんはプロやわー♪


当日、お客さんにチケット代わりに『ワダタワーアワーオリジナルステッカー』を渡し、その裏に番号を振っといて、前もって用意していた抽選箱からその場で数字を引いて参加する2名のお客さんを決めていたのですが、中々タワーと縁の深い人が選ばれる率が高くて、毎回びっくり!!
(まぁ、お客さんはタワーが呼んでいる人たちがほとんどなので、そういう人に当たる率が高いのは当たり前っちゃあまりまえなんだけど)
特に2日目の昼の回ではタワーのお母さんが選ばれて本当にびっくり(^_^;)


お母さんといっしょのタワー。
本人は『なんで私を選ぶの!!』と怒ってましたが、見ていた人に聞くと母ちゃんは結構楽しそうだったらしい(笑)


参加してくれたお客さんには特性の『タワーパン』をプレゼントしました。


これ、代田橋の苅野さん行きつけのパン屋さん『グリューネ・ベカライ』さんで無理言って作ってもらったのですが、店主さんからは『クロワッサンをこんな形にしたのは初めてだ』と言われたそうです(笑)
試作を重ねて試行錯誤の末に作られたタワーパンですが、本番前日にパン屋さんで3回分のタワーパン受け取ったところ、袋詰めの段階でタワーの“”展望台”の部分が取れてしまったものがいくつか出てしまい、急遽砂糖を接着剤替わりに使って補修するというヒトコマも(^_^;)
なのでいくつかはほんのり甘いタワーパンでした。



あと、台本上で『ここからはモノマネで』と書かれている部分があり、稽古では平泉成のモノマネをやっていたのですが、あまり似てなくて、
他に刑事系のモノマネをということで、家で一人で相棒の杉下警部のモノマネをやってみたり、夜、帰宅途中に公園
で古畑任三郎のモノマネをやってみたり、一人稽古の日にヘイズで名探偵コナンのおっちゃんのモノマネをしたりしたのですが、似てなくて、なんか恥ずかしくて……
最終的に大好きだった刑事コロンボのモノマネをやりました。
刑事コロンボのテーマ曲をかけ、誰だかわからなくならないように「刑事コロンボです。」と自己紹介をしました。
もちろん似てなくて、恥ずかしくて、でもとても楽しくて。
身内もお客さんもみんなポカーンだったけど、たけヒーローだけがやるたびに笑ってくれて、嬉しかったなぁ♪



あと、詳しくは書きませんが、リアクション芸人さんの凄さを痛感しました♪


|

« 道徳の時間について。 | トップページ | 同年代! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134749/73677398

この記事へのトラックバック一覧です: タワーと遊ぼう。:

« 道徳の時間について。 | トップページ | 同年代! »