« 同年代! | トップページ | すすきのデビュー。 »

2018年7月 9日 (月)

コントの時間。

ワダタワーアワー振り返りその④

もう2ヶ月経ったのにまだ振り返る(笑)

「なんかコントやりたいな。」
ある時、そう思いました。

理由をこじつけるなら、かつて出てた『劇団志村』→『ゲキシム』で頻繁にコントやってた時期があったから。
(※1つ前のブログで一緒に飲んでた彼等です)
すごく楽しかったんですよね、その頃。
同い年の男ばっかりの部活みたいで。

で、まずは野村さんとの台本の打ち合わせの時に、野村さんが劇団『天動虫』さんで書いていたコントの台本をついでに見せてもらい、さらには野村さんに読み合わせにも付き合ってもらいました。

野村さん、その節はありがとうございました。

なるほどなるほど……
でも、他劇団ですでにやっているコントをやるのはちょっとどうなんだろう、と苅野さんに言われたので……(笑)

というわけで、タワーがショートコント書くとこになりました。
今までショートコントをちゃんと書いたことがないのですが、ちょっと考えてみたら傑作ができたので、書いて稽古場に持っていきました。
早速稽古場で皆に読んでもらい感想を聞いてみると……


渡辺さん「………これ、書くのにどれくらいかかった?」
タワー「1時間くらいかな?」
渡辺さん「じゃあ、今度葉2時間考えてみようか?」


日本一優しいダメ出しです。
ちなみに内容はポケットからビスケットを割って出すコントです。
いつかどこかでやります。


それからサンドイッチマンさんの動画とか見ながら改めてショートコントをたくさん書いてみる。
稽古場に持ってってみると、ショートコントの形にはなってる、と言われる。
良し!イケる!
そう思いました。
(でも、今考えると形にはなってると言われたけれど、面白いと言われてないのには気づきませんでした。)


そしてここで隠し玉が登場!
実は苅野さんの旦那様の“シゲさん”が元芸人さんだったのです。
しかも当時はかなり人気の芸人さんだったらしい!
そこで早速アドバイスをもらうために稽古場に遊びに来てもらいました。
ショートコントにアドバイスをもらい、更に新たにネタを一本もらいました。
それがショートコントのあとにやった警備員のコントです。
コントにかこつけて渡辺さんとたけヒーロがタワーへのうっぷんを晴らすというやつです。
それがタワーのかつての女性遍歴が丸わかりになるという恐ろしい結末を迎えることになるとは……(-_-;)
あと、ヒーローがとにかく楽しそうで良かった(笑)


兎にも角にも、コントがそこそこウケたのは苅野夫妻のおかげです。
もはや頭が上がりません。
それ以前に、世話になりすぎてるのでむしろ頭がめり込んでます。
あと、このあとシゲさんがほぼ毎回稽古場に遊びに来てくれて、本番当日も結局全部来てくれたのも嬉しかったなぁ♪


|

« 同年代! | トップページ | すすきのデビュー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134749/73830645

この記事へのトラックバック一覧です: コントの時間。:

« 同年代! | トップページ | すすきのデビュー。 »