« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月24日 (金)

ひなた号の冒険、ちょっとふりかえり その2

163036923048516324947530101632494750164

ひなた号の冒険にはたくさんの子どもたちが出演しています。

オーディションを勝ち抜いてきた子どもたち。

中にはもはや常連となっている子どももいます。

最初にタワーが参加してから3年。

チビ助だった子がお兄さん、お姉さんになり、

小学生だった子も中学生になり大人の顔をみせ、

あのとき泣いてるばかりだったあの子が、今や子どもたちのリーダーに!

頼りなかったあいつも、なんだか風格が出ていたり、

手のひらに乗るんじゃないかと思うほどちっこかったあの子らは、身長が倍ぐらい伸びてたり(笑)、

くそガキだったあいつは大人になった、とみせかけて変わってなかったり(笑)

 

子どもたちがスルスル成長する姿を目の前で見れることがひなた号の冒険に参加する醍醐味の一つ。

すごく刺激と緊張感をもらえる。

少しでも自分が刺激になってるといいなあと思う。

 

だって何もできなくて泣いてたアイツが演出家に「もうやめてー!」と言わせるぐらいあの手この手で毎回芝居を良くしようと変えてきたり、ふわふわしてたあの子が悪いところが一つもなくてむしろ褒めちぎりたいくらい!と評価されてたり、その場の演出の変更に笑顔ですぐ対応してきたりするんだぜ。

しかもすごくキラキラした顔で♪

 

これは負けられない!ってなるでしょ!

 

今回は分散して稽古してたので、最後の方までなかなか一緒の空間に入れなかったけど、それでもたくさんの成長をみせていただきました。

ありがとう。

 

 

なにげに印象に残ってるのは、ちびっ子たちと休み時間に繰り広げられたクイズ大会。

クイズと言っても「私の誕生日はー?」とか「私のお姉ちゃんの誕生日はー?」とか「私のお母さんの誕生日はー?」とか「私の好きなものはー?」とかの何アピール!?というやつですが(笑)

そんなの知るかー!!、と言いながら答えるの楽しかったなぁ。

 

そのうち「なぜ私がこれを好きになったのか?」を語りだす子もいて、その時の笑顔が舞台上に出たらいいなとか思ってた。

中にはダンスしたりすることで手一杯で無表情になってしまう子もいたからなー。

でもそんな子もダンス踊りきった時にいい顔するんだよなー。

もうちょい余裕出てきたら舞台上でこの顔みれるのかなーとか思い始めると、まわりの大人が「次も次も!」ってなるんだよなぁ(笑)

 

 

そんなタワーも稽古で絶賛成長中!?

来月の劇団唐ゼミ☆『唐版 風の又三郎』の情報はこちら

| | コメント (0)

2021年9月20日 (月)

手作り手作り♪

10月に出演する劇団唐ゼミ☆は舞台装置も小道具も衣装も何でも劇団員と出演者とで作ります。

というわけで自分で使う道具を自作中。

1631533126725

なんかタンスみたいな……?

ここから色々と足していきます。

久々にこういうものを作ったので感が鈍って苦戦中(笑)

 

16321206143651632120619688

劇団唐ゼミ☆ 第30回特別公演 延長戦

『唐版 風の又三郎』

作=唐十郎 演出=中野敦之

 

【公演日程】

2021年10月12日(火)ー17日(日)

開演15:30(開場15:10)

 

【会場】

浅草花やしき裏 特設テント劇場

(東京都台東区浅草2-28-1)

【料金】

4,000円

 ☆早割☆ 3,800円(9/30(木)までのご予約で200円引!)

 ☆学生☆ 3,500円(各日5枚のみ、入場時に学生証を確認します)

 

【チケット取り扱い】 <9月21日(火)10時〜>

・チケット販売ページ

 http://confetti-web.com/karazemi

 ※チケット購入には会員登録が必要です。事前にカンフェティの会員登録(無料)をしていただくと、ご予約がスムーズです。

・カンフェティチケットセンター(こちらは会員登録なくお申し込み可能)

 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)

 

 <購入後の補償サービス「カンフェティ安心チケット」>

 https://www.confetti-web.com/tokuten/compensation/

 ※お電話予約は対象外となりますので、ご注意ください。

 

◎感染予防のため、事前精算になります。当日精算、受付での当日券販売はいたしません。カンフェティにて開演1時間前まで販売します。(予定枚数に達し次第終了)

◎全席自由。チケットに記載されている番号順でのご入場となります。(番号は開場時間を過ぎると無効)

◎チケット提示で花やしき入園無料(12日は休園)、劇団受付開始は13時より。

 

 

【公演詳細ページ】

http://karazemi.com/perform/cat24/202110-in.html

 

 

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

劇団唐ゼミ☆に出演します♪

来月、10月12〜17日に劇団唐ゼミ☆の『風の又三郎』に出演します。

以前所属していた劇団です。

辞めてから初出演です。

また出演できる日が来るとは正直思っていなかったので、驚きと喜びとプレッシャーを感じています。



『風の又三郎』は劇団唐ゼミ☆が去年上演していた演目でいわゆる再演なのですが、役者は大部分変わり、もはや初演と言ってもいいくらい。


去年の初演は観ていますが、切れ味鋭くスマートに上演していた印象があります。


でもきっと今回の『風の又三郎』は全く違う印象の演目になる予感がします。


前回よりも明らかに集まった役者さんの質が異なる。

アクが強いというか(笑)

実はまだ実際に会ったことのない役者さんたちが多いのですが(このご時世ですので分散して稽古してます)、Zoomでの稽古や伝え聞く様子からするとかなりぶっ飛んだ人たちみたいです♪


僕が今回演じさせていただく〈宮沢先生〉という役は、前回は竹林さんという若くてとても素敵な役者さんが抜群の安定感をもって演じていた印象があります。

出番は限定されているのですが、そのたびに鮮烈な印象を残していた〈宮沢先生〉。

今回はタワー版〈宮沢先生〉としての印象を残していかねば!



あぁ、書いていてもプレッシャーで震えがくる(笑)




劇団唐ゼミ☆ 第30回特別公演 延長戦! 

◎唐十郎の最高傑作! 今度は浅草で飛ぶ!!!


『唐版 風の又三郎』


作=唐十郎  演出=中野敦之



【公演日程/場所】

2021年 

10月12日(火)〜17日(日)

開演15:30(開場15:10)


場所:浅草花やしき裏 特設テント劇場



【料金】

 前売/4,000円 当日/4,500円

 [学割]各500円引き(要学生証)


※ 受付、当日券の販売時間は後日発表いたします。

(事前に満席になった場合は、当日券を発売しない可能性もございます)

※ 全席自由。チケットに記載されている番号順でのご入場となります。

  (番号は開場時間を過ぎると無効)

※ 予約は前日の18時まで。


【チケット予約】 

<チケット発売開始日 9月21日(火)10:00>

※ 販売方法については9/15(水)に発表します。


劇団HP http://karazemi.com/


Top_kazemata2021_2-1

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

航海終了!

タワーです。

『ひなた号の冒険』が終わって2週間たちました。
出演者にも関係者にも、そして観に来ていただいた方々の中にも感染した方がいたという報告もなく、一安心。
ようやく本当の意味で『ひなた号の冒険』の航海が無事に終わったなぁとほっとしております。
ちょっと『ひなた号の冒険』を振り返ってみます。

『ひなた号の冒険』への乗船は今回で3回目。

毎回、成長していく子どもたちに置いていかれないようにと気合いの入る舞台です。

今回の『ひなた号の冒険〜ゆめの描いたオリーブの木〜』では今までの倍近く踊り、しかもソロパートありで歌まで歌いました。

本番ではめちゃくちゃ楽しかったけど、元々歌もダンスも得意じゃない(^_^;)

中学校の先生たち(タワーが校長)という役どころで、主人公のゆめの想像の中で先生たちが急にご陽気に踊り出す、というシーンがあるのですが、そのシーンのダンスがとても難易度が高かった。

最初の振り付けの日に理解の範疇を超えて思わず棒立ちになったほど。

ダンサーさんのドキュメントとかでパパパッ!っと振り付けしていくやつあるじゃないですか?

アレです。(実際はそれよりもゆっくりだと思いますが…)

なのに、その早い流れに他の役者さんたちは皆ついていってる!

なんと、他の先生役の役者たちは皆ダンス踊れる人ばかりだった!!

何なら普段ダンス教えてる人もいるし!!!

タワー大ピンチ!!!!

でもそれが僕たちが踊る最初のダンスなわけで……

一人だけ足を引っ張るわけには行かない。

青ざめながらなんとかフリを覚えようと、振り付け稽古の様子を撮った動画をみながら自主稽古して、でも覚えきれずに、さも全体の足並みを揃えるためのフリしてみんなを巻き込んで稽古場でも何度も練習に付き合ってもらいました(^_^;)

また、タワーも歌を唄うナンバーがあったのですが、そこで改めて知るひなたさんのオリジナル曲の難易度の高さ。
歌うんじゃなくて語りかけるような曲。
音程に則った上で語りかけることの難しさ。
でも、やはり他の先生役の役者はみんな歌上手いのよ(-_-;)

ミュージカル経験者やミュージシャン……

なんだよ!ズルいぞみんな!!(笑)
歌唱指導のジダ先生が忍耐強く、優しくも的確に指導してくださらなかったらどうなっていたか。
そしてダンスでも振り付けの三沢先生があっけらかんと「自分なりに一生懸命踊れば大丈夫!」と励ましてくれなかったら早々に脱落していたかもしれない。
両先生、ありがとうございましたm(_ _)m


そして付き合ってくれた先生役のみんなありがとう。

おかげで本番は楽しんで歌い踊れました。


そして、踊るたびに死にそうになるほど息が上がりました。

1つ踊っては袖でハァ、ハァ。
2つ踊っては袖でハァ!ハァ!ハァ!ハァ!
3つ踊るとハァ!ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!
4つ踊………
ずっと、ハァ、ハァ、いってました。
先生役の一人、坂巻くんと楽屋で思わず「トライアスロンみたいだね、この公演。」と言いながら笑ってました(笑)

でも全力で歌い踊ると気持ちいいんだよなー♪


ひとまず今回はここまで♪

1630369232658

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »